陸上短距離はかっこいいルメートルにも注目!! - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  ロンドン五輪 »  陸上短距離はかっこいいルメートルにも注目!!

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


陸上短距離はかっこいいルメートルにも注目!!



『陸上短距離はかっこいいルメートルにも注目!!』のネタをお送りします

スポンサードリンク

ロンドンオリンピックは昨日から陸上競技が始まりましたが、今日からはいよいよ短距離走が始まります。
そして今日(8月4日)いきなり始まるのが、男子100m(予選)です。

本命はもちろんウサイン・ボルトで、スタートでの致命的なミスがなければ金はほぼ確実と見られています。

陸上競技 (できる! スポーツテクニック)


そして黒人選手が圧倒的に強いこの種目において、特に女性の注目となりそうなのが、フランス代表のクリストフ・ルメートルです。

彼を有名にしたのが、2010年7月に白人選手(学術用語ではコーカソイドというそうです)として初めて10秒の壁を突破したこと。

また、以前本ブログでも取り上げましたが、イケメン選手としても有名です。189cm、74kg、22歳と長身で短距離選手としても有利な体型です。

ボルトと同様、100mと200mの両方にエントリーしており、昨年の大邱の世界陸上では19秒80をマークして銅メダルに輝いています。

ルメートルのメダルの可能性という点では、100mよりも200mの方が可能性がありそうです。

100mの見どころとしては、フライングがなければボルト圧勝でしょうが、あとはタイムですね。ボルトはなんと9秒40を狙うと言っていますが、果たしてそれが実現されるのか??

200mに関しては、ボルトと同じジャマイカのヨハン・ブレイクの対決が楽しみです。ブレイクを有名にしたのは、昨年の大邱の世界陸上でボルトがフライングで失格となったレースで、金を取ったことでした。

が、実はそれ以上にブレイクが世界を驚かせたのは、その2週間後に行われたダイヤモンドリーグの200mで出した19秒26という記録です。これはマイケル・ジョンソンがアトランタ・オリンピックで出した記録を抜く、歴代2位の記録です。

ブレイクはボルトと同じクラブで練習している「弟分」的存在でしたが、いまやボルトの最高のライバルであり最大の敵という存在に成長しました。

男子短距離は、ボルト、ブレイク、それに「かっこいい」ルメートルに注目です。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。