能年玲奈って珍しい苗字ですが・・・ - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  芸能 »  能年玲奈って珍しい苗字ですが・・・

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


能年玲奈って珍しい苗字ですが・・・



『能年玲奈って珍しい苗字ですが・・・』のネタをお送りします

スポンサードリンク

NHKは7月26日、来年4月からの連続テレビ小説のヒロインに女優の能年玲奈(19)を起用すると発表しました。
能年って最初読めませんでしたが、「のうねん」と読みます。かなり珍しい苗字のようです。

世の中に珍しい名前の方はたくさんいらっしゃると思いますが、本人にとってはそれが悩みの種であったり、逆にそれで得していたりと事情も様々なようです。

悩みの種というのは、やはり読み方がわからないので必ずと言っていいほど聞かれるのが嫌だというのが一番多いようです。
中には、電話帳でわざわざ読みにくい苗字を探して電話をしてきて、「なんて読むんだ?」と聞いてきた上に、読み方を聞いて「がはは。」と笑って切る人がいるとか。世の中ひどい人もいるものです。
さらに珍しい名前ならば親を恨むこともできるけれども、苗字の場合は怒りをぶつけるところもない(笑)という、苗字ならではの悩みもあるようです。

逆に得するケースというのは、珍しいということで顔や名前を覚えてもらえるというケースが多いようです。

ちなみに自分自身の場合、苗字は普通なんですが名前が少し珍しくて、小さい頃は親(どうも名前をつけた張本人は祖父のようなんですが)を恨んだというか、普通の名前に憧れたこともあります。今となってはどうでもいいんですが。

なんでもそうだと思いますが、物事には必ず両面があるので、どちらを見るかですよね。どうせ見るなら自分にとって得な方を見る方がいいと思いますが、「行うは難し」というのもまた事実ではあります。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。