白鵬は衰えてるのか?? - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  相撲 »  白鵬は衰えてるのか??

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白鵬は衰えてるのか??



『白鵬は衰えてるのか??』のネタをお送りします

スポンサードリンク

横綱審議会の鶴田委員長が名古屋場所が終わったあとの横綱白鵬について

  「ピークは過ぎている。前はどこからでも来いという感じだった。」

と、厳しい言葉を並べました。
また委員長は14日目の稀勢の里戦での立ち会いの変化についても、苦言を呈しました。

白鵬衰えているのか否かについては議論のあるところだと思いますが、横綱に昇進した2007年以降の年間成績を見てみると以下のとおりです。

  2007年 74勝16敗
  2008年 79勝11敗
  2009年 86勝 4敗
  2010年 86勝 4敗
  2011年 66勝 9敗(5場所)
  2012年 49勝11敗(4場所)

数字で見る限り、今年4場所時点ですでに2桁の負けと、負け数の多さが目立ちます。特に5月場所の5敗は2007年初場所以来の多さです。この時は大関ですので、5敗は横綱昇進後のワースト記録でした。

今場所は14日までは全勝だったものの危ない場面があったのに加え、千秋楽の日馬富士戦ではあっさり土俵を割った感もあり、やはり「衰えている」と見るほうが妥当だと思います。

とは言えまだ27歳。「衰え」とされる原因についても稽古不足と見る向きが多く、以前のような稽古量をこなせばまだまだやれるのではないでしょうか?

また、2010年3月場所以降は一人横綱となっていますが、日馬富士把瑠都稀勢の里あたりがもう少し力をつけて横綱に昇進すれば、白鵬の闘争心に火をつける可能性もあります。

とにかく、白鵬にもそれを追うライバルにもより一層精進して、相撲界を盛り上げて欲しいところです。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。