【ロンドン五輪特集】本命編 - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  ロンドン五輪 »  【ロンドン五輪特集】本命編

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ロンドン五輪特集】本命編



『【ロンドン五輪特集】本命編』のネタをお送りします

スポンサードリンク

いよいよ夏のオリンピック、ロンドン五輪がはじまりますね。

本ブログでも特集記事を流していきますので、どうぞ御覧下さい。
日程は、7月28日(土)~8月13日(月)までです。
ただし、男女サッカー予選は26日(木)日本時間0:00から始まりますので、ご注意下さい。

第一弾は日本人の金メダル候補の本命編です。

いきなり結論ですが、本命は北島、内村、吉田です。順に見ていきましょう。

(1)競泳・平泳ぎの北島康介
3大会連続2種目金メダルがかかります。

まずは100mですが、最大のライバルと見られていたノルウェーのダーレオーエン亡き今、北島が大本命です。ライバル候補はオーストラリアのリカードとスプレンガーです。立石諒にもメダル争いに食い込んでもらいたいところです。

200mはハンガリーのギュルタが怖い存在です。昨年の世界選手権で負けているので、是非雪辱を晴らして欲しいところです。こちらも立石にも頑張ってもらいたいところ。

(2)体操の内村航平
団体総合は中国VS日本の一騎討ちの様相です。アテネ五輪以来の金に期待がかかります。

個人総合は、中国の楊威が引退して内村の時代になりつつあります。昨年の世界選手権に続いてこちらも優勝が期待されます。

種目別・ゆかは内村の最も得意とする種目。ライバルは中国の鄒凱(ズーカイ)です。

種目別・鉄棒も金メダル候補の1人です。ライバルは中国の鄒凱と張成龍(ジャンチェンロン)です。

(3)レスリング・55kg級の吉田沙保里
こちらも五輪3連覇がかかります。今年のW杯で連勝が「59」でストップしましたが、大本命であることに変わりはありません。

最後に予想される金メダルの数ですが、日本に元気を与えて欲しいという期待も込めて、前回北京五輪の9個を上回る、最低10個としておきたいと思います。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。