小雪、韓国で出産のワケとは?? - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  芸能 »  小雪、韓国で出産のワケとは??

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小雪、韓国で出産のワケとは??



『小雪、韓国で出産のワケとは??』のネタをお送りします

スポンサードリンク

女優の小雪(こゆき、36)さんと俳優の松山ケンイチ(まつやま けんいち、27)夫妻に第二子となる長女が誕生しました。
小雪さんはマスコミ宛のファックスで以下のようにコメントしています。

「本日、我が家に新しい家族が仲間入りしました。これからは家族4人、力を合わせて楽しい家庭を築いていきたいと思います。」

Precious (プレシャス) 2010年 01月号 [雑誌]

ここまでは普通ですが、出産したのが韓国というのが驚きました。

韓国での出産を選択した理由ですが、昨年6月にオンエアされた日本テレビ系の「アナザースカイ」で韓国産後調理院をリポートした際に感銘を受けたためだそうです。

そこではホテルのような一室が用意され、24時間体制で助産師らによるサポートを受けられると言います。授乳方法など育児に必要な知識をレクチャーされ、産後も出産で変形した骨盤を矯正するマッサージなどのケアも充実しているとのこと。

第一子ではないので出産に関することはある程度わかっているはずでは??などと思いますが、自分の目でいろいろ取材する中でそれがベストと考えたのでしょうね。

韓国産後調理院が登場したのは約10年前ということで、比較的新しい施設です。出産を終えた女性が2週間から1ヶ月過ごし、料金は2週間のコースで約10万円ということで、それほど高くはないですね。まあ、韓国は日本に比べて物価も安いですしね。

日本でも徐々に注目を集め始めており、昨年2011年に韓国産後調理院を利用した外国人約2万人のうち、日本人は約1割を占めたそうです。

夫の松山さんですが、この日は休みで出産にも立ち会うことができ、以下のようにコメントしています。

「『うれしい』の一言に尽きます。それ以上の言葉が見つかりません。」

小雪さんは今後も女優業を続ける予定で、この春放送予定のフジテレビ系スペシャルドラマ「女信長」で信長の正室・御濃役として出演することが決まっています。

支える家族が1人増えて、松山家もますます仕事に気合が入りそうですね。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。