女子ゴルフは服部真夕が対外国勢の連勝を止める、さくらも2位! - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  ゴルフ »  女子ゴルフは服部真夕が対外国勢の連勝を止める、さくらも2位!

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女子ゴルフは服部真夕が対外国勢の連勝を止める、さくらも2位!



『女子ゴルフは服部真夕が対外国勢の連勝を止める、さくらも2位!』のネタをお送りします

スポンサードリンク

千葉県で行われたアース・モンダミンカップにおいて服部真夕が逆転で優勝し、外国勢の連勝を7で止めました。
女子ゴルフはここまで外国製の7連勝(韓国6勝、中国1勝)となっており、日本勢が連勝を止められるかに注目が集まっていました。

中盤までアン・ソンジュ(韓国)がトップを走っており、今週も外国勢の優勝かという雰囲気が漂っていました。ただアンもトップを走っているものの調子はいまいちで、逆に有村智恵、横峯さくら服部真夕など日本勢が頑張っていました。

終盤にまずトップにたったのが有村智恵。アンがスコアを崩す中でパーを維持し、14アンダーで最終組(アン、真夕、さくら)の結果を待ちます。ただ、最大のチャンスホールと言われていた最終ホール(パー5)でバーディーが取れなかったのが、結果論とはいえ悔やまれました。

最終組はともに13アンダーで、バーディーが出るとプレイオフ、イーグルで逆転優勝という状況でした。なお、真夕とさくらは17番で共にバーディーをとって勢いがありました。ティーショットは真夕が先行、2オンに成功します。アンとさくらは3オン。

そして、先に打った真夕が7メートルのロングパットを沈めてイーグル。この瞬間に優勝が決まり、外国勢の連勝を止めることに成功しました。さくらもバーディーで有村と並んで14アンダーで2位タイ。アンは17番につづいてボギーを叩き3位と後退しました。

最後の真夕のロングパットは見事で、感動しました。外国勢の連勝が続いてTV中継の視聴率も下がっているなどと書かれていましたが、これを機に女子ゴルフも盛り上がって欲しいですね。

それから、さくらの好調ぶりもいい材料です。さくらの優勝は昨年6月のリゾートトラストレディースが最後です。今回勝てなかったものの、勝負カラーの黄色のウェアで望んでおり、秘めた思いが感じられました。
スポンサードリンク



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pinkcrmo.blog.fc2.com/tb.php/30-addddabd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。