アームレスリングの金井義信が凄すぎる件!! - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  芸能 »  アームレスリングの金井義信が凄すぎる件!!

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アームレスリングの金井義信が凄すぎる件!!



『アームレスリングの金井義信が凄すぎる件!!』のネタをお送りします

スポンサードリンク

今日はいよいよ大晦日ですね。そして大晦日前日の昨夜は年末恒例の日本レコード大賞をご覧になっていた方も多いと思います。

自分はというと、フジテレビ系の「ジャイアントキリング2」という番組を見ていました。”ジャイアントキリング”というのは日本語に訳すと”番狂わせ”ということになり、番組はその道のプロに別の世界の強者が挑むというものです。
最初の企画の、大食いなでしこvs力士も面白かったのですが、なんといってもメインは腕相撲対決でした。

まず16名の各界代表者による予選トーナメントが行われました。メンバーは元K1のボブ・サップ選手や、現K1王者のアリスター・オーフレイム選手、元プロ野球選手の清原和博さん、現WBAバンタム級王者の亀田興毅選手、元横綱朝青龍関など超豪華でした。

決勝に進出したのはボブ・サップ選手とアリスター・オーフレイム選手で、予選を制したのは体格にまさるボブ・サップ選手でした。

そして王者として出てきたのが、アームレスリングヘビー級王者の金井義信選手でした。自分も含めて世間ではあまり知られていないだけに、日本人ということでまずスタジオも驚きです。

金井選手の強さには世界の強豪も一目置くほどで、金井選手が出場する大会には他の強豪も逃げ出すほどだとか!ただ、上背はそれほどないし、表情も穏やかで本当に強いのか対戦が始まる前までは疑心暗鬼でした。

そしてボブ・サップ選手との注目の対戦ですが、なんと秒殺で金井選手の勝ち。敗れたボブ・サップ選手もスタジオもあまりの金井選手の強さに呆然です!

その後金井選手についてネットで調べてみましたが、Wikipediaもないし、あまりまとまった情報がないんですよね。一応わかったところでは、

1976年生まれ
兵庫県出身
全日本アームレスリング選手権で9回優勝
日本人はじめてのヘビー級世界チャンピオン

といったところでしょうか。

そんな金井選手も、2010年のラスベガスの試合で開始1秒で上腕二頭筋腱を断裂というアクシデントに見舞われます。130kgもあった握力が10kgさえ出なくなったのだとか!

医師やトレーナーから復帰は絶望的と言われたものの本人はあきらめずにリハビリに励み、その後世界ヘビー級チャンピオン2連覇を果たしました。

穏やかな表情の影に精神的な強さを秘めている金井選手に強く惹かれたのでした。

オーバー・ザ・トップ(オリジナル・サウンドトラック)(紙ジャケット仕様)
(金井選手がアームレスリングを始めるきっかけになった映画)
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。