ゾゾタウン前澤友作氏、Twitterでブチ切れ→謝罪! - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  社会 »  ゾゾタウン前澤友作氏、Twitterでブチ切れ→謝罪!

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゾゾタウン前澤友作氏、Twitterでブチ切れ→謝罪!



『ゾゾタウン前澤友作氏、Twitterでブチ切れ→謝罪!』のネタをお送りします

スポンサードリンク

アパレルECサイト・ゾゾタウンを運営するスタートトゥデイ社長の前澤友作(まえざわゆうさく、36)氏のTwitterが注目されています。
きっかけはゾゾタウンを利用したとあるお客さんの次のツイートでした。

”1050円なくせに送料手数料入れたら1750円とかまじ詐欺やろ~ゾゾタウン。”

これに前澤氏がブチ切れて、以下のようにツイートしています。

”詐欺??ただで商品が届くと思うんじゃねぇよ。お前ん家まで汗水たらしてヤマトの宅配会社の人がわざわざ運んでくれてんだよ。お前みたいな感謝のない奴は二度と注文しなくていいわ。”

さすがにこのツイートには以下のように批判が殺到。

ゾゾタウン、絶対使わないと誓った。社長が残念すぎる。”
”うわ(--;)買いたくない会社だ。”
”この人には感謝があるのだろうか”

前澤氏も反省したのか、翌日には次のように謝罪しています。

”私の未熟さにより多くの方に不快な思いをさせてしまいました。反省しています。申し訳ございません。”
(他にも3件ほど謝罪のツイートあり)

まあモンスタークレーマーなどという言葉があるように、些細な事で文句をつけるお客さんもいて経営者としては大変なのでしょうが、さすがに今回の前澤氏の反応は行き過ぎと言われてもやむを得ないでしょうね。

本人もそう判断したからこそすぐに謝罪したのだとは思いますが。

まだ36歳とお若いんですね。そして2012年フォーブスが発表した世界長者番付では資産880億円で、日本で21位にランキングしています!ちなみに1位はファーストリテイリング社長の柳井正氏の8,000億円、2位ソフトバンク創業者の孫正義氏の5,760億円など!やはり創業社長はすごいですね。

なぜ、あの会社だけが選ばれるのか?-成功し続ける会社がやっているたった3つの仕組み
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。