シュワルツェネッガー、家政婦との関係を告白!! - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  芸能 »  シュワルツェネッガー、家政婦との関係を告白!!

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シュワルツェネッガー、家政婦との関係を告白!!



『シュワルツェネッガー、家政婦との関係を告白!!』のネタをお送りします

スポンサードリンク

米カリフォルニア州前知事のアーノルド・シュワルツェネッガー氏(65)が1日発売の自伝において、家政婦や俳優のシルベスター・スタローン氏(66)の元妻らとの浮気を告白しています。
自伝によれば、シュワルツェネッガー氏は浮気相手の家政婦の男児が7,8歳になった頃自分に似ていることに気づき、母子と交流しつつ経済支援を始め、家政婦も働き続けたといいます。

昨年1月に知事の任期を終えた翌日に妻のマリア・シュライバーさんに問いただされ、自分の子どもと認めました。それが原因で現在夫婦は離婚手続き中にあります。

ちなみにシュライバーさんは第35代アメリカ合衆国大統領のジョン・F・ケネディ氏の姪にあたり、彼女と結婚できたことがオーストリアから所持金わずか20ドルでアメリカに移り住んだシュワルツェネッガー氏の最大のアメリカンドリームとまで言われているそうです。

さらに1985年にはシュライバーさんと結婚前に同居していたにもかかわらず、後にスタローン氏の妻となるブリジット・ニールセンさんとも関係していたことも認めました。

シュワルツェネッガー氏とスタローン氏は親友として知られ、スタローン氏が監督を務める「エクスペンダブルズ」、「エクスペンダブルズ2」で共演しています。

さらにはその自伝出版に合わせたメディアのインタビューでは他にもまだ浮気があると答えたとか!

なおその自伝のタイトルは、"Total Recall: My Unbelievably True Life Story"だそうです。

トータル・リコール (文春文庫)


それにしてもこの話を聞いて思うのは、なぜわざわざそんな本を出すのかということです。さすがに浮気の話をメインに書いたわけではないようですが、執筆中にそれらスキャンダルが表沙汰になって書かざるを得なくなったということのようですが、やっぱりよくわかりません。

日本でも”シュワちゃん”などと慕われ、映画俳優から州知事へと”上り詰めた”感のあるシュワルツェネッガー氏ですが、評判ガタ落ちという感じですね。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。