注目の大谷翔平、ドラフトどうなる?? - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  野球 »  注目の大谷翔平、ドラフトどうなる??

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


注目の大谷翔平、ドラフトどうなる??



『注目の大谷翔平、ドラフトどうなる??』のネタをお送りします

スポンサードリンク

花巻東高校の大谷翔平(おおたにしょうへい、18)投手の進路が注目を集めています。
大谷投手は今年の夏の甲子園岩手大会で高校生として初の160km/hを出しました。

193cm/86kgと体格にもめぐまれた右投げ左打ち。直球以外にもスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップと球種も豊富です。

打者としても高校時代56本塁打を記録していますが、本人は今後は投手一本でいくと宣言しています。なお、選抜では春夏連覇の大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手からも本塁打を放っています。



大谷投手は進路について、国内プロかメジャーかのどちらかに絞っている模様で、9月19日にはプロ野球志望届を岩手県高野連に提出しました。

大谷投手の獲得を目指しているのは国内全12球団に加え、メジャー5球団の計17球団とも言われており、9月20日にはドジャーズの関係者が花巻東高校を訪れました。

ドジャースのローガン・ホワイト球団GM補佐は佐々木洋監督と面会し、米国でもドラフト1位級の選手と大谷投手を絶賛したとのことです。ドジャースは次回面談で契約金などの具体的な条件を提示する見通しです。

10月25日に行われるドラフト会議で国内球団が指名権を獲得すると、来年3月31日までの交渉権が与えられます。その場合メジャー球団はその期限が切れたのちに交渉するものとみられます。

ということで、10月25日のドラフト会議が注目されますね。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。