HEY!HEY!HEY!打ち切りの真相は?? - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  芸能 »  HEY!HEY!HEY!打ち切りの真相は??

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HEY!HEY!HEY!打ち切りの真相は??



『HEY!HEY!HEY!打ち切りの真相は??』のネタをお送りします

スポンサードリンク

ダウンタウン司会のフジテレビの音楽番組「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」の今年限りでの打ち切りが発表されました。
同番組は1994年10月にスタートし、今月24日の3時間スペシャルが放送回数738回目という長寿番組ですが、フジテレビは「役割を十分に果たした。改編の一環」と説明しています。

最終回の日時と後継番組については「調整中」となっており、明らかにされていません。

1/6アクションフィギュア 浜田雅功&松本人志 2体セット
          (このフィギュアが¥52,000!!)

宇多田ヒカルが初登場した1999年6月21日には同番組史上最高の28.5%を記録したり、浜田雅功氏と音楽プロデューサーの小室哲哉氏のコラボによる「H Jungle with t」の『WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント』がミリオンセラーを記録(1995年)するなど人気を呼びました。

ただ最近は低視聴率にフジテレビも頭を悩ませていたようで、先月以降の視聴率は以下のようになっています。

  8/06  7.7%
  8/20  7.2%
  8/27 14.3%
        前田敦子さよならライブ生中継2時間スペシャル
  9/03 11.1%

10%前後で推移していますね。

ということで、やはり低視聴率が打ち切りの一つの原因のようです。

もう一つささやかれているのが、番組にかかる”コスト”の問題です。

音楽番組はバラエティー番組に比べて照明や美術費などのセットにお金がかかるということもありますが、それ以上に司会者(ダウンタウン)のギャラがかなりの高額で、二人で600万円とも言われているそうです!!
いや~、すごいですね。

司会者の高額ギャラということで思い起こされるのは、これも2ヶ月ほど前に打ち切りが話題となった「笑っていいとも」です。こちらもタモリのギャラが1日あたり150万円とか言われているそうで、これが番組を継続する際のネックになっているという話がありました。

音楽自体の楽しみ方がインターネットやiPodなどのデバイスの進歩で変わってきており、音楽番組が低迷するのも時代の流れかもしれませんね。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。