国枝慎吾も凄い!! - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  ロンドンパラリンピック »  国枝慎吾も凄い!!

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国枝慎吾も凄い!!



『国枝慎吾も凄い!!』のネタをお送りします

スポンサードリンク

昨日の記事で車いす女子テニスのエステル・フェルヘール選手を紹介しましたが、同じく車いすテニス凄い男子選手がいました。日本の国枝慎吾選手(28)です。
国枝選手は8日行われたロンドンパラリンピック第11日目、車いすテニス男子シングルス決勝でステファン・ウデ選手(フランス)を6-4、6-2で下し、北京に続く連覇を果たしました。なんと今大会では、1回戦から6試合、1セットも落とさないという圧倒的な強さでした!



で、この国枝選手がどのくらい凄いかというと

2004年 アテネパラリンピック ダブルス金
2007年 史上初のグランドスラム(全豪オープン、全仏オープン、全英オープン、全米オープン)達成
2007年~2011年 全豪オープン5連覇
2007年~2010年 全仏オープン4連覇
2008年 北京パラリンピック シングルス金、ダブルス銅
2010年 初のシングルス100連勝達成

といった感じで、もの凄い記録です。

国枝選手のことは国内ではあまり知られていませんが、海外では"The Man"と呼ばれるくらいの知名度を誇っています。

そしてあのロジャー・フェデラー選手が日本男子テニスの低迷について尋ねられた際、

「日本にはクニエダがいるじゃないか。」

と答えたそうです。さらにグランドスラムは自分よりも国枝選手の方が先になるだろうと予想して、実際そうなりました!

Roger Federer: Spirit of a Champion

国枝選手は9歳の時に、脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車いすの生活となり、小学校6年生の時に車いすテニスを始めました。

2009年に日本の車いすテニス選手としては初めてプロ選手に転向し、現在ユニクロと所属契約を結んでいます。

また、2010年には脊髄損傷者専門トレーニングジムを運営する"J-Workout"にて1年間のトレーニングを受けて歩行機能が回復し、報道ステーションで取り上げられました。

実は国枝選手にしても、エステル・フェルヘール選手にしても今回のパラリンピックの中で初めて知りましたが、日本のマスコミも彼ら彼女らをもっと取り上げてほしいですね。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。