全仏オープンはナダルが優勝 - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  テニス »  全仏オープンはナダルが優勝

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全仏オープンはナダルが優勝



『全仏オープンはナダルが優勝』のネタをお送りします

スポンサードリンク

全仏オープンは11日、雨天により前日に中断となっていた男子シングルス決勝を当地で行い、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6─4、6─3、2─6、7─5で破り、同大会最多となる7回目の優勝を飾りました。
個人的にはジョコビッチの優勝を予想・応援していましたが、その予想を覆しナダルの優勝となりました。フェデラーの予想が当たりましたね(笑)。

4大大会決勝は4連続でナダルジョコビッチの組み合わせとなっており、ナダルは屈辱の4連敗を免れることができました。前記のとおり全仏7回の優勝は全仏最多であり、4大大会の優勝回数も11回で史上4位タイと、名実ともに偉大なプレーヤーになったと言えます。ちなみに4大大会最多優勝は、今回準決勝でジョコビッチに敗れたフェデラーの16勝です。なお、今回の大会でナダルが落としたセットは決勝の第3セットのわずか1セットのみというのも、驚異的です。

敗れたジョコビッチ、43年ぶりの4大大会4連勝と生涯グランドスラムという大きな記録達成を逃しましたが、「ナダルはこのサーフェスでは史上最高の選手に間違いない。私たちは2人ともまだ若いし、またこうして対戦できることを期待している」と語っており、気持ちの切り替えはできているようです。

現在男子テニスプレーヤーは4強(ジョコビッチナダル、フェデラー、マリー)と言われていますが、フェデラーがやや衰えつつあるのか、あるいはジョコビッチとナダルのレベルが上がったのかは私には判断がつきかねますが、4強というよりジョコビッチとナダルの2強時代に突入しつつあると思います。

そして、次の4大大会であるウィンブルドンは早くも13日後の6/25から始まります。
スポンサードリンク



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pinkcrmo.blog.fc2.com/tb.php/15-7dc2ea60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。