鎧塚俊彦氏の目の具合は? - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  社会 »  鎧塚俊彦氏の目の具合は?

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鎧塚俊彦氏の目の具合は?



『鎧塚俊彦氏の目の具合は?』のネタをお送りします

スポンサードリンク

鎧塚俊彦氏(46)といえば、有名パティシエで女優川島なお美(51)さんのご主人ですね。

鎧塚氏は今年2月、網膜中心静脈閉塞症で左視力がほぼ失われていることを公表しました。

網膜静脈閉塞症とは網膜の静脈が閉塞する(血管が詰まって血液が流れなくなる)病気です。枝分かれした網膜静脈は網膜中心静脈となって眼球の外へと出ていきますが、この中心静脈が閉塞するのが、網膜中心静脈閉塞症です。

実は8月25日東京スカイツリータウンスタジオで文化放送「川島なお美 ミセスDJ ラ・ラ・ララン♪」の公開収録が行われ、ご主人の鎧塚氏がゲスト出演していたのです。

その中で鎧塚氏はの現状について、症状は横ばいで悪化は止まったと説明。今後の治療については、眼圧を安定する方向で行なっているとのことです。

視力がどの程度回復するかなどについてはもちろんわからないのでしょうが、まだ40台半ばの働き盛りですから少しでもよくなられるといいですね。

鎧塚氏のことは今までよく知りませんでしたが、Wikipediaを拝見するとパティシエとしてだけでなく、実業家としてもご活躍されていることがわかります。

主な実績としては

1995年 30歳で渡欧され、スイス、オーストリア、フランス、ベルギーで計7年間勤務
2004年 恵比寿に「Toshi Yoroizuka」開業
2007年 東京ミッドタウンに「Toshi Yoroizuka MID TOWN」開業
2011年 小田原市に「一夜城ヨロイヅカファー​ム」開業

といったところです。

これだけの実績を残してきたということは、今まで全力で仕事に打ち込んでこられたということで、川島さんのブログにもある意味健康を犠牲にしてまで仕事に打ち込む鎧塚氏のことを心配する様子が書かれています。

とにかく症状が少しでもよくなられ、パティシエとして実業家としてますますご活躍されることをお祈りする次第です。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。