高橋由伸は天才ですか?? - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  野球 »  高橋由伸は天才ですか??

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高橋由伸は天才ですか??



『高橋由伸は天才ですか??』のネタをお送りします

スポンサードリンク

8月17日、巨人高橋由伸選手(37)が対広島戦の5回、プロ37人目となる300号ホームランを放ちました。
高橋由伸―華麗なるスラッガー (シリーズ・素顔の勇者たち)

原監督

「ボールが変わっても、左方向へ遠くに飛ばせる。並じゃないよね」

と絶賛したそうです。

高橋選手の打撃については以前から”天才”と言われていたようですね。

で、どこが”天才”かというのをWikipediaから引用させていただくと、

「『天才』と形容されることもある打撃技術の高さと天性のタイミングの取り方を持ち味とし、(途中略)右足を高く上げる一本足打法で初球からどんなボールにもフォームを崩さす対応できる柔軟さを備え、多少のボール球でも安打にできる。(途中略)ファウル打ちの技術にも優れ、外角の球にも強く打球を広角に打ち分けることができる。」
(Wikipediaより引用)

と、わかったようなわからないような(笑)。

一般人から見れば”天才”の集まりであるプロ野球選手があえて”天才”というのですから、まあそうなんでしょうね。

ただタイトルには縁遠く、プロ15年目ですが、本塁打、打点、打率のいずれでも無冠です。打率に関しては14年間の通算打率が2割9分4厘、3割超えも7回もあるにも関わらずです。

さらに2009年に腰を手術してからは「数字的な目標を失った」と述べており、今後もタイトルはあまり意識することはないようです。

今後の目標については「1日でも長く野球をやること」と述べており、今の状態を見る限りはしばらくは活躍を見せてくれそうですね。

自分も松井選手が巨人を退団してからはプロ野球をほとんど見ておらず、それ以前から活躍しているのは高橋選手くらいになってしまったので、個人的にも長く活躍してくれることを願っています。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。