榊正文、ツイッターで暴言!! - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  政治 »  榊正文、ツイッターで暴言!!

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


榊正文、ツイッターで暴言!!



『榊正文、ツイッターで暴言!!』のネタをお送りします

スポンサードリンク

今月就任した、大阪市淀川区の公募区長榊正文氏(44)が、ツイッター上で「アホか、相当な暇人やな」などと投稿者を中傷するような書き込みをしたとして問題になっています。
橋下徹市長は事実が明らかになった9日の定例会見で、

「一般有権者へのアホという言葉遣いは許されない」

と批判し、処分も含めて検討すると述べました。



これについて榊氏は

「浅はかな書き込みだった。今後慎みたい」

と述べたとのことです。

榊氏は福岡県出身。区長へ応募した理由について、

「裕福ではない家庭に育ち、奨学金を得ながら公立の小中高大学で学んだ。小さい頃は学校生活と家庭生活の両面でわかりの方に大変お世話になった」

ため、お世話になった「公」と「社会」に恩返しをしたいと思ったと述べられています。
(ご本人の就任の挨拶から一部引用)

ツイッターは個人の「つぶやき」ツールではありますが、公的な立場の方は公式発言と同じように扱われますので、注意が必要ですね。

ツイッターでの発言が問題となった公人としては、群馬県桐生市の市議が

「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」

などと書き込んで除名されたという問題が記憶に新しいところです。

また、歌手の鬼束ちひろさんが

「和田アキ子殺してえ」

なとど書き込み、あとで和田さん側に謝罪したというような事件もありましたね。

特にツイッターの場合は「つぶやき」ということで、なんでも好きな事を書き込んでいいというような雰囲気があるんですかね?

自分の場合はSNSとしてはツイッターとフェイスブックを主にやっていますが、確かにツイッターのほうが気軽になんでも投稿できるという感じです。

それだけに「公人」は注意が必要です。

ただ今回橋下市長の発言の中で、

「(区長は)公選職ではなく一般職なので、(公選された)自分と同じやり方ができるわけではない」

という内容の発言をされていますが、市長も区長もおなじ役人であることには変りなく、公選かどうかは関係ないのではないかと、自分は思います。
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。