全仏オープン女子決勝はシャラポワとエラニに - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  テニス »  全仏オープン女子決勝はシャラポワとエラニに

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全仏オープン女子決勝はシャラポワとエラニに



『全仏オープン女子決勝はシャラポワとエラニに』のネタをお送りします

スポンサードリンク

全仏オープン女子の準決勝が行われ、今大会生涯グランドスラムがかかるマリア・シャラポワ(ロシア)と、サラ・エラニ(イタリア)がそれぞれ勝ち、決勝進出を決めました。
シャラポワは6-3,6-3のストレートで第4シードのぺトラ・クヴィトバ(チェコ)に勝利しました。こちらは順当といえそうです。そして、今大会終了後2008年以来のランキング1位が決まっています。

一方のエラニですが、第6シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)に7-5,1-6,6-3で過去5戦全敗の相手に勝利しました。ここまで、2008年大会覇者のアナ・イワノビッチ(セルビア)、2009年大会覇者のスベトラナ・クズネツォワ(ロシア)に続き、2011年の全米オープン覇者ストーサーから勝利を収めました。第21シード(ランキング24位)からの決勝進出は奇跡とも言われおり、グランドスラム決勝進出も初めてです。初戦から準決勝戦まですべてフルセットを戦っており、粘り強さが持ち味のようです。

ただ、今大会勢いにのっており、シャラポワとしても油断ならないところです。グランドスラムの過去最高成績はベスト8ですが、これを達成したのが今年の全豪オープンであり、今の勢いは今大会だけとは言い切れず、最近急速に力をつけているとも言えそうです。

身長188cmのシャラポワに対して164cmの小柄な選手がどう戦うのか、非常に興味のあるところです。

決勝戦は6/9(土)の予定です。 
スポンサードリンク



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pinkcrmo.blog.fc2.com/tb.php/11-fb0901fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。