小原日登美、夫とつかんだ金メダル!! - ☆スポーツニュース・ドットコム☆

☆スポーツニュース・ドットコム☆ ホーム  »  スポンサー広告 »  ロンドン五輪 »  小原日登美、夫とつかんだ金メダル!!

スポンサーサイト



『スポンサーサイト』のネタをお送りします

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小原日登美、夫とつかんだ金メダル!!



『小原日登美、夫とつかんだ金メダル!!』のネタをお送りします

スポンサードリンク

ロンドンオリンピック、うれしいニュースが飛び込んできました。
女子レスリング48kg級の小原(旧性・坂本)日登美(31)、63kg級の伊調馨(27)そろって金メダル獲得です。

小原選手は31歳にして初のオリンピックということで、それだけでなにか悲運を感じさせます。

実際のレスリング人生も悲運でした。それはもともとの階級である51kg級で世界選手権で6回優勝しているにもかかわらず、その階級がオリンピックでは実施されないということです。

48kg級に階級を下げることをまず考えるところですが、そこには妹の真喜子さんがいたため諦めることに。

やむなく55kg級に階級を上げて北京オリンピックの代表選考会に臨んだものの、”絶対女王”吉田沙保里に開始わずか25秒で敗れます。

2008年に引退したものの、2009年妹の真喜子さんの引退を機に48kg級でロンドンオリンピックを目指すために現役復帰します。

そして48kgで2010年、2011年と世界選手権で優勝し、悲願のロンドンオリンピックの切符を手に入れました。

2010年10月には同じ自衛官で元レスリング選手、かつ高校の後輩である小原康司さんと結婚しますが、現役は続行。

結婚後は、の献身的なサポートがありました。練習の送迎やビデオ撮影、練習パートナーもこなしたそうです。

のサポートに答える形で、小原選手も2011年9月にはそれまでの旧姓での登録名を結婚後の性に変更しました。

まさにとの二人三脚でつかんだ金メダルでした。

小原選手は今後

「主人には普通にご飯をつくってあげたい」

と述べたそうです。本当におめでとうございます。

ちなみに小原選手も吉田、伊調姉妹とおなじ中京女子大学(現・至学館大学)卒業なんですね。


スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。